DSC_1719-750x1125

リペアジーンズのコーディネートにハットとアクセをプラスしてカントリーな雰囲気に

カントリーな雰囲気漂うリペアジーンズの春コーデ。ツバが広めのベージュのハットとハンドメイドのネックレスをプラスして牧歌的な雰囲気を演出し、足元のチェッカー柄スニーカーで街馴染みさせた着こなしだ。

DSC_1846-750x1125シャツとウォッシュドの効いたブラックジーンズで夏のカジュアルコーデをクールにキメる
ウォッシュの効いたブラックジーンズは、夏のカジュアルコーデにも期待通りの活躍をするクールなアイテム。白シャツと合わせたシンプルな着こなしも、メリハリを効かせすぎることなく、さらりとした雰囲気でコーディネートを仕上げてくれる。

ヒッピーとミリタリーをマッシュアップしストリート感覚に落とし込んだジーンズコーデ
ヒッピー、ミリタリー、ワークなど様々なテイストのアイテムを組み合わせ、洒脱なミックススタイルに落とし込んだジーンズコーデ。カモフラージュ柄ジャケットにドット柄スカーフ、ボーダーTシャツと主張の強い柄アイテムをミックスしながら、デニムのバケットハットとジーンズをさりげなくリンクさせて統一感のあるスタイルに。

ニュアンストーンを洒脱にまとめたウォッシュドジーンズのジャケパンコーデ
上品なモカベージュのダブルジャケットに白シャツ、スリムフィットのウォッシュドジーンズを合わせたジャケパンコーデ。ニュアンストーンでマイルドにまとめ、コンビのキルティタンシューズで引き締めた老練な洒落者のスタイリングだ。

柄入りの白シャツにブラックのダメージジーンズを合わせてコントラストを表現。ラギッドなアイテムながらも、白シャツのタックインや無駄のないタイトなシルエットがコーディネートをキレイめに演出している。

スタイリッシュな黒スニで洗練度を高めたデニムオンデニムのジーンズコーデ
デニムオンデニムのジーンズコーデは、シューズ次第でいかようにもコーデの雰囲気を演出できる。コーデをシュッと引き締めるならシックな黒スニを、軽快に仕上げるなら白スニを。エッジを効かせた攻めの足元にはアンクルブーツをセットし、アメカジスタイルにまとめるにはワークブーツと、思い思いの雰囲気に合わせシューズをチョイスしてみてはいかがだろうか?

白シャツとスリムフィットの濃青ジーンズで精悍に仕上げたジャケパンスタイル。ブラウンレザーのバックパックとブラウンスエードのプレーントゥで渋みのある艶やかさを演出し、大人の雰囲気に奥行きを持たせた着こなしだ。

ラギッドなジーンズコーデの雰囲気をニットベストでほどよく中和させた大人の着こなし
マイルドなイメージのニットベストは、ジーンズの余計な男らしさを中和させる優れモノ。気温の安定しない季節の端境期に活躍し、ジーンズコーデのイメージを優しい雰囲気にまとめてくれる。しかも手軽に着脱可能で、シワを気にせずバッグに収納できる点も◎

ダブルの紺ジャケ投入でジーンズのジャケパンコーデにトレンド感をさり気なく演出
ネイビージャケットに白Tシャツ、ブルージーンズを合わせたシンプルな着こなしに、シングルではなくダブルのジャケットを合わせてアップデート。フロントをオープンにした着こなしも、フロントボタンを留めた着こなしも、シングルとは異なる雰囲気が新鮮だ。

コンサバティブなジーンズコーデはハイテク顔スニーカーの足元でスタイリッシュにアップデート
ストライプシャツをインナー使いし、ネイビークルーネックニットとスリムジーンズを合わせたコンサバなコーディネートに、スポーティーな顔立ちのスニーカーをセットしてスタイリッシュにアップデート。ネイビーのトーンオントーンでまとめながら、鮮やかな色味のスニーカーでしっかりアクセントを効かせている。

ダメージ加工のジーンズで大人顔のジャケパンコーデにやんちゃをプラス
ネイビージャケットに白Tとジーンズ、スニーカーを合わせてカジュアルダウンしたシンプルな着こなしに、ドット柄のジレを投入して個性を演出した着こなし。白Tシャツをフロントタックしてグッチベルトをチラ見せし、あざとさの無いロゴのアクセントでリュクスな雰囲気をチョイ足ししている。

白ジャケ&ジーンズでコーデにクリーンなイメージと凛とした雰囲気を共存させる
清涼感と清潔感のある麻混白ジャケットと濃紺ジーンズは想像以上に相性バツグン。クリーンなイメージと凛とした雰囲気を共存させ、丈感・サイジングなどをすっきりとした無駄のないシルエットにまとめれば、自ずとコーデの洗練度が高まる。

ニュアンスカラーアイテムとの組み合わせでマイルドに仕上げたブルージーンズの春コーデ
春の気分にシンクロする薄青ジーンズをニュアンスカラーのアイテムと合わせ、マイルドな雰囲気にコーディネート。アイテムのデザインやディテールでアク足しすれば、色味の印象を崩すことなくフックを効かせたスタイルに。

白アイテムとのコントラストを効かせたジーンズコーデに小物使いでラグスト感をプラス
白のコーチジャケットとクッションを作ったブルージーンズ、足元にオフホワイト×ナイキのエアジョーダン1レトロを合わせたコーディネート。白とインディゴのコントラストを効かせながら、バレンシアガのキャップとプレミアムスニーカーでイマドキのラグスト感をさりげなく演出している。嫌味の無いクリーンな着こなしがいい感じだ。

ぱっと見た目はシンプルながら、キャラ立ちしたシャツジャケットとチェッカー柄スリッポンで個性的に仕上げたジーンズコーデ。そこはかとなくモードなオーラを纏った着こなしだ。

上品なモカブラウンのジャケットにデニシャツとジーンズを合わせ、シャキッとした男らしさで引き締めたジャケパンコーデ。足元にネイビースエードのスリッポンスニーカーをセットして、新鮮な爽やかさをプラスしている。

薄手のフィールドジャケットにグラフィックTシャツ、スリムフィットのジーンズを合わせ、ネイビーのトーンオントーンですっきりまとめたコーディネート。足元はコンバースの白オールスターをセットして、Tシャツのプリント色とリンクさせつつこなれ感を演出している。

白シャツとジーンズのコーディネートを軽快に仕上げるなら、シャリ感のあるアウターを合わせてみるのはいかがだろうか。こちらの御仁のコーデのようにナイロン素材のバルカラーコートや薄手のトレンチ、ウィンドブレーカーを合わせれば、キレイめで軽やかな大人のジーンズスタイルが完成する。

春のジーンズコーディネートは冬の重たい気分を一新し、あくまでも軽やかでスポーティーに仕上げたいもの。スウェットやパーカー、スニーカーを合わせたジーンズコーデで春の気分を満喫し、こなれた着こなしで差をつけたい。

3rdタイプのデニムジャケットにダメージジーンズを合わせたデニムオンデニムスタイル。着丈の短いデニムジャケットとワイドシルエットのジーンズでシルエットにメリハリをつけることで、単調になりがちなデニムオンデニムを絶妙なバランスで着こなしている。ロールアップで丈感を調整している点も巧みだ。

リジッドのデニムジャケットとほどよく色落ちしたブルージーンズを組み合わせてグラデーションを表現したデニムオンデニムスタイル。同素材で構築した着こなしの中間にオリーブグリーンのコーデュロイシャツを挟むことで、色味はもちろん、素材感の面でもアクセントをプラスしている。ちなみにオリーブグリーンやカーキなどのミリタリーテイストを感じさせるカラーは、トレンドとして現在注目を集めているため要チェックだ。

レッドウィングのアイリッシュセッターなどのワークブーツと相性の良いパンツを挙げるとすればジーンズは欠かせないだろう。なかでもストレートシルエットのジーンズは相性抜群。その組み合わせに一手間を加えてこなれ感を出したのがこちらの着こなしだ。ロング丈のジーンズをそのまま履くとクッションができてしまい野暮ったい印象になってしまうが、ロールアップで丈感を調整すればスタイリッシュな表情に。特に、裾を絞るようにアップするピンロールはシューズを引き立てるのに最適なワザだ。

フーデッドジャケットやロールアップしたジーンズ、スニーカーの組み合わせがスポーティーな雰囲気を漂わせるカジュアルスタイル。ブルージーンズと白スニーカーのコンビは相性抜群で、ロールアップして抜け感を出せば軽やかな印象に磨きがかかる。スニーカーにデザインされたレッドのペインティングが着こなしにアクセントをプラス。

インナーのデニムシャツとジーンズでデニムオンデニムを表現したスタイリング。ジャケットとデニムシャツの中間に取り入れたジレは玉縁ポケットにデニム素材を採用しており、統一感のある装いに。デニムアイテムの色合いに合わせて同色フレームのサングラスをかけたアイテムチョイスにも注目したい。

セーラーカラーのようなディテールが特徴のデニムジャケットに白Tシャツをレイヤードしたカラフルなオープンカラーのプリントシャツ、濃青ジーンズとティファニーブルーのコンバースオールスターを合わせ、個性的なアイテムで遊びゴコロを際立たせたスタイリング。トーンの異なるデニム素材のジャケットとボトムスのコンビネーションで、鮮やかな色味のアイテムのアクセントを効かせている。

ネイビージャケットとジーンズ、黒のVネックTシャツと黒スエードのチャッカブーツ、ネイビーと黒をクロスオーバーにリンクさせ統一感を演出したジャケパンスタイル。ジーンズの色落ち感をアクセントにしたシックな大人の着こなしだ。

ベージュジャケットの胸ポケットにあしらった柄チーフとリンクさせた薄青ジーンズで、ハズシを効かせたジャケパンスタイル。インナー使いしたブラウンタートルネックニットとブラウンスエードのタッセルモカシンもリンクさせ、クロスオーバーに組み合わせた色使いでコーデの統一感を高めている。

ジャケットの柄とジーンズのダメージをシンクロさせ、ネイビーと白のコントラストを効かせたジャケパンコーデ。インナーの白Tシャツとジャケットにあしらった白のポケットチーフをリンクさせ、柄やダメージのインパクトに負けないクリーンなイメージを際立たせている。

ドレスとカジュアルをブレンドしたデニムのテーラードジャケットとジーンズのジャケパンスタイル。インナーには白シャツを、足元には白スニーカーをコーデして、キレイめにまとめたコーディネート。

様々なスタイルをミックスしながら大人の遊びゴコロを演出したパッチワークジーンズのコーディネート。まったく毛色の異なるアイテムを組み合わせ、これまでにない新感覚の個性的なスタイルを構築。

ドレスとカジュアルをブレンドし、すっきりとしたシルエットのジーンズでスタイリッシュに仕上げたジャケパンコーデ。ドレス寄りの上半身にハズしのジーンズを組み合わせ、こなれた雰囲気とやんちゃニュアンスをスタイルにプラス。

ネイビーでまとめたトーンオントーンのスタイルに、コットンツイル、ニット、シャンブレーデニム、デニムなど様々な素材のアイテムでメリハリを利かせたジーンズコーデ。味わい深いブラウンワークブーツの足元で、表情豊かなネイビーのレイヤーを際立たせたスタイリングだ。

カンゴールのカジュアル(ハット)にリブディテールがアクセントのネイビースタジャン、テーパードシルエットの薄青ジーンズとグラフィックが施された白スニーカーのコーディネート。ハット、アウター、シューズがそれぞれハズしアイテムとして機能しながら、魅力的なダサかっこよさを演出している。

ジャケットとベストにあしらわれたポケットの青デイテールにリンクさせ、統一感を高めたダメージジーンズのコーディネート。光沢のあるパテントレザーの黒スニーカーとエルメスの黒ベルトでクールにエッジを効かせている。

グラデーションがかったヘアーカラーにマッチしたルーズシルエットのグレースウェットと白Tシャツのコンビネーションに、テーパードシルエットのジーンズとコムデギャルソンPLAY×コンバースの白オールスターでリラックス感のあるスタイルに。首元と裾からインサートした白Tシャツをチラ見せすることでこなれた雰囲気を演出しながら、足元の白スニーカーとそつなくリンク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です